鷹3連敗で宮崎をあとに 工藤監督、若手野手に注文「チャンスはそうそうない」

ソフトバンクは28日、宮崎・アイビースタジアムで「球春みやざきベースボールゲームズ」ロッテ戦を戦い、春季キャンプから続いた28日間の宮崎滞在を打ち上げた。
この日先発した大竹は3回1安打無失点、3つの三振を奪う好投。開幕ローテ入りを狙う2年目左腕の投球に、工藤公康監督は「徐々に良くなっている。あれだけタイミングを外した投球をすれば、倉野コーチも安心して見ていられるんじゃないかな。」
今日は良かったと高く評価した。その一方で、若手が多く並んだ打線は5安打に終わり、無得点。美間が2安打3出塁と気を吐き、指揮官が「いい働きをしてくれる。」
これを続けていってくれたらチャンスはあると評する一方で、「1試合では難しいけど、チャンスはそうそうない。そういう時こそ度胸をもって振らないといけないところもあると積極性に欠けた他の若手野手には注文をつけた。今季はキャンプから“走塁改革”を掲げてきた指揮官だが、「まだイマイチいけていない。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。