ホークス武田が3回6失点とまた炎上、工藤監督「悪い方向、悪い方向に…」

悪い方向、悪い方向、悪い方向にいってしまったかな。打たれた球は確かに高いっちゃ高かったねと振り返った。
3番手のスアレスは3イニング目に失点したものの「去年の段階から話して(先発準備を)やってもらっている。ボール自体もここというところで2、3キロ増しで投げていた。また次に期待したい」とした。
 武田の炎上に加え、現時点ではバンデンハークと東浜巨の出遅れも気になるところ。「候補になる投手には練習してもらっているし、ピッチングコーチも苦しいかもしれないが(開幕ローテを)6人作ってもらってしっかりと戦えるようにねと工藤監督。ソフトバンクの先発ローテ“争い”は、早くも先発ローテ“選び”になりつつある。」
また、開幕カードでぶつかる西武打線については「浅村くんが抜けてもすごい。金子(侑史)くんが出塁すれば得点になる。やっぱり1、2番の出塁でしょうね。」
嫌な打線であることは間違いないと警戒を強めていた。この日のホークス打線は内川聖一を6番に据えた。これについて指揮官は「いろいろと考えてやっている段階。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。