優れた野球脳の「不思議ちゃん」/広島床田こんな人

<こんな人> 広島3年目左腕の床田寛樹投手(24)が巨人とのオープン戦(マツダスタジアム)に先発し4回無失点と好投。
尻周りや太ももはひと回りどころか、ふた回り大きくなった感がある。その分、土台の安定感が増したと思うが、本人は「そうですか? 自分では分からないんですよね」とあっけらかんとしたもの。周囲が評する「鈍感力」を感じさせながら、「僕、結構敏感ですよとサラリと言う。
以前には「僕、興味がないものにはとことん興味がない」と口にした直後に「でも僕、好奇心旺盛なんですよ」と続けたこともあった。大学まで勉強が大の苦手だったというが、投球術など首脳陣も認める“野球脳”も持つ。先発の一角として期待される今季、つかみどころのない左腕の真の姿をつかんでみたい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。