日本学生野球協会、大学2件、高校11件の処分を発表

日本学生野球協会は5日、東京都内で審査室会議を開き、大学2件、高校11件の処分を発表した。
他の処分は次の通り。(肩書は当時) <対外試合禁止>東海大九州(熊本) 未成年部員の飲酒と部内での暴力、暴言とその報告遅れ=1月10日から7カ月▽聖カタリナ高(愛媛) 監督の部内暴力、暴言とその報告遅れ=1月10日から1カ月▽門真西高(大阪) 部員間での賭け行為、恐喝、暴力=無期▽島原農高(長崎) 監督の部内暴力、パワーハラスメント=2月13日から1年1カ月 <謹慎>津名高(兵庫) 顧問の盗撮=1月10日から1年1カ月▽聖カタリナ高(愛媛) 監督の部内暴力とその報告遅れ=1月10日から4カ月▽猿投農林高(愛知) 監督の児童ポルノ法違反=昨年12月14日から4カ月。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。