【楽天】銀次「震災のことは、一生忘れてはいけない」東北の代表として発信続ける

楽天の銀次内野手(31)が5日までにスポーツ報知のインタビューに応じた。
(取材、構成・高橋 宏磁) ―今年も3月11日がやってくる。「震災のことは、一生忘れてはいけない。東北の代表として、震災について発信していかないと、みんな忘れがちになってしまう。」
3月11日、のたった1日だけではない。少しずつでも発信し続けたい。新人選手は分からないと思うけど、やはり被災地のチーム。
心のどこかにそれを置いて野球をやって欲しい ―キャンプ中、主将としてチームに感じた印象は? 「チームとしては、みんな明るくやっている。平石監督がテーマの一つに掲げた、元気に明るくやるというのは出来ている。ただ、若手がもっと元気を出してくれてもいい ―最も記憶に残っている主将とは? 「(昨年まで主将だった)嶋基宏ですね。」
すごいリーダーだと思う。常に野球のことを考えていた。そして、自分のこともしっかりやった上で、チームをまとめていた。
今になって、嶋さんがどれほど大変だったか分かる ―主将として気をつけていることは? 「自分の一つの行動で、全員が良くもなれば、悪くもなる。当然、難しさはあります。プレーに対しても。」
たった一つの行動で信頼を失うこともある。そうならないように気をつけています。そして、その中で選手としても成績を残さないといけない 「毎日が勉強ですね。」
今日、この選手の調子はどうなんだろうって気を配っている。でも、主将を務めることが、必ず自分の成長につながると信じてやっています ―今季の目標について? 「ヒットを打つこと。やっぱりホームランバッターじゃないんで。」
最低でも3割は打ちたい ―調子のバロメーターは? 「ヒットを打てる時は、打席で構えた瞬間に打てると分かる。そう思えるかどうかがですね。しっかり体を使って、誰もいないところにボールを落とす。」
きれいなヒットを打とうとは思っていない。ボードに「H」がついたら、自分の勝ちだと思っています ―過去に一番、影響を受けた人物は? 「平石監督ですね。打撃コーチ時代から、ずっと自分のことを見てくれた。
本当に細かな部分までよく見て下さっている。
平石さんに(主将を)任命されたので、本当に一生懸命やろうと思う ―体調面でどんなことを気をつけている? 「30歳を過ぎたぐらいから、体の事を気にするようになりました。今、心がけているのは、たんぱく質をしっかり取ること。1日、ゆで卵の白身の部分を5~6個は食べている。」
トレーニングに関しても、すごく気にしている。良くなるために、パワーアップするためにやっている ◆銀次(ぎんじ) 1988年2月24日、岩手県生まれ。31歳。
盛岡中央高から05年高校生ドラフト3巡目で捕手として楽天入団。09年オフに内野手転向。12年に1軍に定着すると、13年は打率3割1分7厘と日本一に貢献し、14年には三塁のベストナインを獲得。
銀次は登録名で、本名は赤見内(あかみない)銀次。174センチ、78キロ。右投左打。
家族は夫人と2男1女。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。