ソフトバンク武田また炎上 先発ローテ入り黄信号

<オープン戦:ソフトバンク3-11西武>◇5日◇ヤフオクドーム ソフトバンク先発の武田が3回8安打6失点と炎上した。
降板後は反省の弁が口をついたが、先発ローテ入りには「黄信号」だ。キャンプ地・宮崎で行われた2月27日の西武戦(アイビースタジアム)でも先発し、予定の3回を持たず5失点KO。「(武田は)いい評価にはならなかった。
打たれた球は高い。これで終わりではない。次のチャンスはあると試合後に工藤監督は話したものの、表情は硬かった。
独自のフォーム調整で先発入りを目指す武田だが、今のところ「戦果」はなし。「内外角に投げ分けて、打者を崩していく必要があると思った。しっかり反省して次につなげたい」。
背番号18は厳しい状況に立たされた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。