中日根尾8日実戦デビュー決定的、初シートで課題も

中日のドラフト1位根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が8日の教育リーグ・阪神戦(鳴尾浜)で実戦デビューすることが6日、決定的となった。
快音は聞かれなかったが、「しっかりストライクの球を打ちにいって、実際に実戦を想定してできたのは初めてだった。いろんなボールを見られたので良かったと前向きだった。「捉え切れていない球もあったと感覚のズレを確認。」
「これからの打席で慣れていかないといけない」と、次への課題も見つけた。荒れ球が目立ったブリトーとの対戦では、足元への危ない球に思わず「あいしょー!」と絶叫する場面も。「(避けなければ)間違いなく当たっている。
怖かったと苦笑いしながらも「当たらなかっただけ良しとして、次の打席に」と、実戦形式ならではの経験も積んだ。シート打撃を見守った立石巡回野手コーチは「今日(6日)のところは問題ない。もう1回、最終確認をする」と話し、8日の実戦デビューを示唆した。
7日の練習で状態をチェック。ゴーサインが出れば、遠征中の2軍本隊に合流する予定だ。根尾は実戦に向けて「ケガをして遅れたところがあったので、その気持ちをしっかりぶつけたい」と、力強く意気込んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。