日本ハムドラ4万波、プロ初安打が特大120m弾「甘い球を一球で仕留められた」

日本ハムのドラフト4位・万波中正外野手(18=横浜)が6日、イースタン教育リーグのロッテ戦で、プロ初安打初本塁打の離れ業を演じた。
「しっかりストライクを振っていこうとテーマを持って、打てたのが良かったと思う。結果を残せてほっとした」。続く、4打席目でも遊撃への内野安打を放って初マルチも記録。
紅白戦も含めて実戦3試合目、7打席目での初本塁打で勢いに乗った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。