東京ガス・楠「2年後に即戦力」プロ仕様へ成長誓う

社会人野球公式戦が11日の東京大会(神宮ほか)を皮切りに開幕する。
首位打者2度を含み、8季すべて打率3割超え。「自分自身を評価していただいた打撃は貢献できる部分。東京大会から結果を出すのはもちろんですが、先につながるプレーをしたい」。
同リーグ史上2位の102安打を放った俊足巧打で勝利を導く。すでに準社員として社業と野球を両立。正社員となる来月1日からは「お客様コールセンターサービス」で、電話応対作業を行う予定だ。
山口太輔監督(41)も「打撃は苦手なコースもなく、対応力がすごい。すでに主軸として考えています」と大きな期待を寄せた。8年前は東日本大震災による福島第1原発事故の影響を受け、故郷を離れる悲しさも味わった。
東海理化(愛知)と対戦する「3・11」社会人デビューを、新たな歴史の1日を刻むつもりだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。