西武中村&山川のホームランキャッチバイト 本塁打王の打球を捕れるのか!?

2月15日、西武のA班キャンプ地、宮崎県日南市南郷町で「an超バイト 中村剛也選手&山川穂高選手のホームランキャッチバイト」が行われた。
日給5万円、交通費・宿泊費全額支給。さらに、サイン入りグッズもプレゼントという高待遇だ。この日は、時おり冷たい小雨が降るあいにくの天気だったが、選手は元気に練習。
そんな選手たちにスタンドから熱視線を送るのが、生粋の西武ファンの上吹越隼大(かみふきごし・はやと)さんと、永田友紀さん。ともに東京から来た大学生で、約6000名の応募の中から選ばれた、“超”ラッキーボーイ&ラッキーガールだ。
高校時代は主にライトを守り、3年夏には東東京大会で準優勝という輝かしい経歴を持つ。「小2で野球を始めた頃から埼玉西武を応援しています。中村選手、山川選手は球界屈指のバッターで尊敬してやまない存在。」
だから、Twitterで今回のアルバイト募集を聞いて迷うことなく応募したのだとか。
「選手たちが楽しそうに練習している様子がこんな間近で見られてすごく嬉しいです」と、初めて見るキャンプの風景に興奮冷めやらぬ様子。そして、これから会う中村選手、山川選手のイメージは「ザ・ホームランバッター。緊張しますが、まだスタンドから見ている限りでは実感がわかないですね」。
そう言うものの、実際に中村、山川と挨拶を交わし、ボールとキャップにサインをもらうと途端に緊張が走った様子。そんな2人に意気込みを聞く。「怪我だけには気を付けたいと思います。」
「バイトで怪我して、チームの方々に迷惑をかけないように。それが一番です。あとは一生に一度あるかないかの貴重な経験なので、全力で楽しみたいと思います! 目標は、球団スカウトの目にとまるくらいの活躍をします(笑)」と余裕がありそうな上吹越さん。
一方の永田さんは「まずは1球……1球だけでも捕りたいです」と対照的な発言。「ソフトボールとの違いに緊張しています。ボールの大きさ、打球の速さや強さに対応してちゃんと掴めるのか……練習を見ていたら、ちょっと不安になってきてしまいました 期待と不安が入り混じり、複雑な感情を抱えながらも、いよいよグラウンドへ足を踏み入れる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。