’19日章学園 選手紹介/7 倉永歩武内野手/兵頭一酵内野手 /宮崎

<第91回選抜高校野球>  ◇ここ一番で長打期待 倉永歩武内野手 2年、日章学園中 168センチ、88キロ  左の代打として活躍の機会をうかがう。
昨年、小学時代のソフトボールチームの恩師が病気で亡くなった。センバツ出場が決まり、仏壇の前で健闘を誓った。「甲子園の空で見ていてください ◇チーム危機救う堅守 兵頭一酵内野手 1年、日章学園中 171センチ、65キロ 堅守が光る。」
基本を怠らず、素早い反応で打球に回り込み、体の正面で捕球する。これまでも1年生ながらファインプレーでチームの危機を何度も救った。各学年から1人選ばれる「野球ノート係」を任され、コツコツと練習メニューや選手の状態を細かく記録してきた。
「客観的に見ることで、足りない部分も見えてきた」と話し、練習法の改善に生かしてきた。信条は「当たり前のアウトを当たり前に取ること」。甲子園でも鉄壁の守備を目指す。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。