ソフトバンク・デスパイネが来日、9日に合流予定

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(32)が7日、キューバから来日した。
今年1年いい貢献ができるように頑張りたいと頼もしく笑った。外国人枠は4しかないが、現在7人で争う形になっている。実績あるデスパイネも特別扱いしない方針で、チーム戦略による投手と野手の振り分けにも左右されることになる。
工藤監督は「入れる人数は決まっている。みんなで戦っているんだという意識で、みんないいモチベーションを持って、やってもらえれば」と話した。デスパイネは9日にもチームに合流予定。
首脳陣は、本人が希望すれば同日のオープン戦ヤクルト戦(タマスタ筑後)の出場も認める方針だ。キャンプには参加できなかったが、2月上旬のカリビアン・シリーズにはキューバ代表として出場。5試合で打率3割5分をマークするなど準優勝に貢献し、ベストナインにも選出されている。
「好調でした。自分の成績を残して、チームに貢献できたと思う」。約1カ月、実戦から離れてはいるものの「後は時差ぼけだけ」とたくましい胸を張った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。