清原和博氏「苦しみの日々でした」薬物依存症…初めて人前で事件語った

2016年2月、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けた元プロ野球選手・清原和博氏(51)が6日、都内で行われた依存症の理解を深めるための啓発イベントに登場した。
勇気を出して専門の病院に行ってほしい。身近な人に正直にものを言えることが自分は変わったこと。薬物を使うために嘘をつき、自分をどんどん追い詰めてしまい、苦しみの日々でしたと語った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。