阪神ドラ3木浪、開幕1軍内定 またまたアピール3打数3二塁打

阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24=Honda)がプロアマ交流戦・奈良学園大戦に「3番・三塁」でスタメン出場して3打数3安打2打点と大暴れした。
木浪は己の実力で、栄えある開幕1軍の内定を勝ち取った。とどまるところを知らない猛打攻勢。それは実戦機会を積むために参戦した奈良学園大戦でも、当然のように変わらなかった。
「1、2軍だからと言ってやることは変わらない。しっかりやることはできたし、結果が出てよかった」 圧巻のヒットショーは初回から幕を開けた。無死一、二塁。
カウント1―1から詰まりながらも左翼線に落とす二塁打。5回2死一塁では一転、引っ張って右翼線に落とす二塁打。5回2死一塁では一転、引っ張って右翼線に落とす二塁打。
「(安打だったけど)1、2打席目も詰まった感じでしたけど、抜けてくれてよかった 12球団の新人では最速となる名誉。」
早々の内定通知は、横一線での競争を強調してきた矢野監督にとっても、うれしい誤算だったに違いない。「想像を超えてるよね。複数ポジション出来るというのはチームにとっては、すごくありがたいし。」
そういう選手がいてくれるというのはありがたい。外す理由がないよ 実戦を積むごとに存在感は増しており、し烈な内野のレギュラー争いでも引けを取ることはない。今春の実戦11試合で通算成績は26打数14安打の打率・538、8打点。
数字的にはぬきんでるが、社会人出身らしく冷静さは失わない。「今はアピールするしかないので。必死にやるだけですと常に謙虚な姿勢で野球と向き合う。」
開幕1軍内定について問われても、まだ実感はない。「まだわからないですね」。ただ、かねて目標に置いていた「開幕1軍スタート」のハードルは軽くクリアできそうだ。
その先にある開幕スタメンへ向けて、オープン戦は残り13試合。歴戦の先輩野手を追い越すには、まだまだ結果を残し続ける必要がある。あす8日の楽天戦が行われる倉敷にも同行予定。
目の前の一瞬にベストを尽くす姿勢は変わらない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。