鷹ドラ1甲斐野が西武を零封、最速157キロも「手応えない」 その理由は…

■ソフトバンク 5-2 西武(オープン戦・6日・ヤフオクドーム)  ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央投手が、またも好投し、開幕1軍入りへアピールに成功した。
昨季パ・リーグを制した“山賊打線”の上位と対戦。先頭の秋山を全球この日最速となる157キロで遊ゴロに打ち取った。
1イニングを投げて1安打無失点。「今日は力みなく、自然体で投げることをテーマにしていた。合格とは言わないけど、前回よりは良かった」。
最速158キロをマークした3日の阪神戦よりも内容の良さを口にしていた。とはいえ「手応えは感じなかった」とも語った甲斐野。その理由はどこにあるのか?「振り遅れたようなファールが少ない。
球速よりもボールの質を磨いていきたい 甲斐野が感じていたのは、打者のストレートへの反応。球速に圧倒されたようなスイングではなかった。
源田、外崎にはファーストスイングで前に弾き返された。ボールの“質”に物足りなさを感じたという。「まだこれからだな、という感じ。」
今日の反省をまた次に生かしていきたいですね。徐々にレベルアップしていけるようにしていきたいと甲斐野。さらなるスケールアップを予感させるドラ1右腕が楽しみでならない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。