強打者の“職業病”!? 日ハム清宮が負った有鈎骨折、専門家が語る予防法は…

日本ハムは5日、清宮幸太郎内野手が東京都内の病院で右手有鈎(ゆうこう)骨骨片摘出手術を受け、無事に終了したと発表した。
サッカー元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)のパーソナルトレーナーを務める入船しんもり鍼灸整骨院の新盛淳司院長が解説してくれた。―――――――――― 有鉤骨は、手のひらの小指側にある骨で、フックのように突起があります。骨折する原因は大きく分けて3つあります。
突起に直接ぶつかるなど1度の強烈な外力で生じるパターンと、筋肉や靭帯などに引っ張られる力で、骨に負荷がかかり続け、段々と強度が弱くなり、ある瞬間の強い衝撃で完全に骨折するイメージです。有鉤骨骨折は野球などの球技によるもの、そして、転倒して手のひらを地面でぶつけてしまうケースなどがあります。
野球選手の場合、バッティングの際に多いのも特徴的です。
ファールチップでバットの先端にボールが当たると反作用でバットの先端にボールが当たると反作用でバットの根元部分のグリップに負荷がかかります。手首にいつもの打撃以上に、強い負担がかかると思います。
そこで、手首への負担は増加することになります。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。