【ソフトバンク】ミランダが開幕ローテ入り“当確” 東浜が実戦復帰

◆オープン戦 ソフトバンク4×―3ヤクルト(9日・タマホームスタジアム筑後)  ソフトバンクのアリエル・ミランダ投手(30)が9日、開幕ローテ入りを決めた。
カーブ、スライダーも多めに投げて、感覚も良かったと手応え。工藤監督も「この状態を維持しながら、イニングを投げてくれれば開幕は問題ない」と高評価し、開幕2戦目の30日西武戦(ヤフオクD)での先発が有力となった。また、左脇腹の張りで実戦から遠ざかっていた東浜も実戦復帰。
変化球の制球に苦しみ、1回2安打2四球で3失点だった。それでも「ブルペンと、マウンドでの差があった。内容は良くなかったが、体は問題ないのでそのズレをこれからの登板で修正したい」ときっぱり。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。