大谷 手術後初、スローイング練習再開 計60球 最長12・2メートル

エンゼルスの大谷翔平投手(24)が8日(日本時間9日)、昨年10月に受けた右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後、初めてスローイング練習を再開した。
投手のリハビリも進めていく。
この日の練習前にブラッド・オースマス監督が「すごく短めの距離、軽めに60、70球ほど投げる」と明かしていた。また、指揮官は「今季、試合で投げることはない。(投手のリハビリ中は)打つ練習は軽めになる」とあらためて説明した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。