大谷翔平が投球練習で60球 右肘靱帯の手術以来初

エンゼルス大谷翔平投手(24)が8日(日本時間9日)、昨年10月1日に右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術(トミー・ジョン手術)を行って以降初めて、軽めのキャッチボールを行った。
ウオーミングアップもチームメートとともに行った。手術から5カ月と1週間、ようやく投手として本格的なリハビリが始まった。この日の大谷の動きには、米メディアのエンゼルス番記者たちも注目。
投げる瞬間を見て「やったぞ!」、「あれを見てくれ!」などと興奮気味に声をあげていた。オースマス監督は今後の投球プログラムについて、「1日1日、状態を確認してから」と変わらず慎重な姿勢。打撃練習に関しては、スイングの本数を減らしていくが、投打二刀流でリハビリを進めていく予定だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。