歴代1位は金田正一、現役では涌井、中田、大竹、松坂 歴代記録【与四球編】

与四球は投手にとって名誉な記録ではない。
○NPB歴代与四球数10傑()は実働期間 BB9/2.636 別所毅彦 1206与四球(1936-1955)BB9/2.665 スタルヒン 1221与四球(1968-1985)BB9/2.20 多くの投手通算成績と同様、最多勝(400勝)の米田哲也 1480与四球(1939-1957)BB9/4.238 村田兆治 1144与四球(1936-1955)BB9/4.234 梶本隆夫 1244与四球(1956-1977)BB9/2.603 中尾碩志 1436与四球(1939-1957)BB9/2.665 スタルヒン 1221与四球(1968-1985)BB9/4.238 村田兆治 1144与四球(1942-1960)BB9/2.665 スタルヒン 1221与四球(1939-1957)BB9/2.942 米田哲也 1480与四球(1968-1990)BB9/3.23と極端に悪かった。
この時代はボールが粗悪で、投手の制球力がそれほど良くない投手が上位に来る傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。
1969年のリーグ平均BB9はパが3.45だ。半世紀で9回あたり1個弱、四球が増えたことなどが影響していると推測される。
○現役投手の通算与四球数で上位にランクインしそうな投手は見当たらない。現役1位はロッテの涌井、2位にはソフトバンクの中田が入ってくる。しかし、投球回数が減った現在では、通算ランキングでは67位になる。
1000与四球も増える傾向にある。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。