歴代1位は金田正一、現役では涌井、中田、大竹、松坂 歴代記録【与四球編】

与四球は投手にとって名誉な記録ではない。
○NPB歴代与四球数10傑()は実働期間 BB9は9回あたりの与四球率1 金田正一 1808与四球(1950-1969)BB9は4.23と極端に悪かった。
この時代はボールが粗悪で、投手の制球力がそれほど良くない投手が続いているが、その中でも制球力がそれほど良くない投手が上位に来る傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。与四球数は、近年、増加の傾向にある。
1969年のリーグ平均BB9はパが3.45だ。半世紀で9回あたり1個弱、四球が増えていることになる。打高投低が進んで投手の絶対数が増えていることになる。打高投低が進んで投手の絶対数が増えて投手がより多くの球数を投げるようになったこと、さらに分業が進む中で、投手が打者をより警戒するようになったことと、奪三振数が増えたことなどが影響していると推測される。
○現役投手の通算与四球数で上位にランクインしそうな投手は見当たらない。現役1位の涌井、2位にはソフトバンクの中田が入ってくる。
1000与四球も増える傾向にある。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。