【侍ジャパン】吉田正、4番の一振り、弾丸ライナーの先制満塁弾

◆ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ(10日・京セラD)  侍ジャパンのオリックス・吉田正尚外野手(25)が10日、メキシコとの第2戦に「4番・左翼」で出場し、初回に先制満塁本塁打を放った。
「しっかり自分のスイングができました。先制点のチャンスだったので、積極的に強く振ろうと思い、打席に入りました」。打球は右翼席に一直線。
豪快なグランドスラムを叩き込んだ。9日の初戦では、5番で初回に中前先制打を放つなど2安打1打点。この日は岡本に代わって、侍ジャパン初の4番に昇格し、第1打席のファーストスイングで沸かせた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。