【MLB】オフの動きワースト6…ハーパー獲り“傍観”のヤンキース、カブスに厳しい評価

オフのFA選手の中で超大物といわれていたマニー・マチャド内野手(パドレスに移籍)とブライス・ハーパー外野手(フィリーズに移籍)が移籍先を決めたメジャーリーグ。
注意書きとして、ある程度の主観と憶測が入っていること、選手獲得に動かなかった球団には厳しい見方をしていることが記されているが、そのワースト6は……。ワースト6位は「レンジャーズがランス・リンと3年3000万ドル(約335億2000万円)の契約」。15、16年に地区連覇を果たしたレンジャーズだが、昨季途中にエースのコール・ハメルズ投手を放出していることからもわかる通り、再建期間を迎えている。
にもかかわらず「年俸が割高なベテランのリンを獲得したのは不必要な出費」だと指摘。32歳を迎え、これまで有能なイニングイーターとして活躍してきたリンだが、昨季は防御率4.77と衰えが見えている。ワースト5位には「ジャイアンツがマディソン・バムガーナーのトレードをしていないこと」が入った。
29歳という若さだが、すでに3度のワールドシリーズ制覇に貢献し、14年にはワールドシリーズMVPに輝いたジャイアンツのエース左腕バムガーナー。多くのベテランの高額契約を抱えるジャイアンツは衰退期にあり、今季終了後にFAとなるバムガーナーはトレード候補として名前を挙げられているが、結局、動きはなかった。記事では「球団はギリギリまでバムガーナーをトレードしない意向で、ジャイアンツは売り時を間違えているのでは?」と指摘している。
「レッドソックスが(今のところ)抑え投手を獲得していない」は4位。昨季チャンピオンリングを獲得したレッドソックスだが、73試合に登板したジョー・ケリー(ドジャースに移籍)と直近3シーズンでクローザーを務め、昨季42セーブを挙げたクレイグ・キンブレル(移籍先未定)がFAに。記事では、「球団内にはマット・バーンズとライアン・ブレイシアが守護神候補として在籍しているが、彼らには抑えの経験がないと分析。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。