【MLB】363億円ハーパーが新天地デビュー「数年前はブーイングしてなかったか?」

米スポーツ史上最高総額となる13年3億3000万円(約363億円)でフィリーズ入りしたブライス・ハーパー外野手が9日(日本時間10日)、米フロリダ州クリアウォーターで行われたブルージェイズ戦で「3番・指名打者」で新天地デビュー。
初回1死一塁。ハーパーは初打席へ向かうと、球場中から大歓声を受けた。ヘルメットを取って声援に応える大砲。
ハーパーはMLB公式で「とても素晴らしい日だった。自分が出てくると、チームメートが「数年前は彼らはブーイングしてなかったか?」と言いだして面白かった。ファンの拍手喝采はとても素晴らしいものだった。
とても謙虚で神聖な気持ちでそこに立つことができた。そしてファンの前でプレーすることができた。サポートをしてくれること、チケットが完売するほどまでスプリングトレーニングの試合に見に来てくれることに感謝してもしきれないよ。
フィリーズファンがどれほど素晴らしい人たちなのか良く分かったと振り返っている。打席へ向かう際の登場曲には俳優ウィル・スミスが主演した米コメディドラマ「ベルエアのフレッシュ・プリンス」のテーマ曲を選曲した。ハーパーは米ラスベガス出身だが、「西フィラデルフィア、生まれ育った……」との歌詞が流れると、スタンドのボルテージは最高潮。
MLB公式ツイッターにはファンからは「これめちゃくちゃいいな」、「今シーズンずっとこの曲にすべき」、「これまでで最高の素晴らしい登場曲!!」、「素晴らしい選曲」と興奮の声が集まった。2打席とも四球を選び、初の快音はならなかったが、ファンを熱狂させるには十分だったようだ。チームは7-8で敗れて初陣を飾ることはできなかったが、フィリーズファンを虜にするには十分な新天地デビュー。
10日(日本時間11日)のレイズ戦には右翼手として出場し、2打席に立つ予定だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。