東邦 平成最後の春に 部員紹介 村北翔哉選手(3年) 父の教え胸に強くなる /愛知

<第91回選抜高校野球 センバツ高校野球>  持ち前の器用さで、全てのポジションをこなすオールラウンドプレーヤーだ。
その後も約1年間かけてサイドスロー、スリークオーターを経て、最終的にオーバースローに行き着いた。そして、今年の冬からは捕手に変更。社会人野球のJR東海で捕手やコーチをしていた父光昭さんから技術を学んでいる。
プレー中に大切にしているのは笑顔だ。父に言われた「捕手は唯一、チームでみんなと別の方向を向いている。だからこそ仲間が苦しい時は笑顔で、浮足立っている時は冷静に。」
みんなと逆のことをしろという言葉を胸にマスクをかぶる。「まずは試合に出られるレベルまで仕上げる。いつも教えてくれる父に、甲子園で普段通りプレーしている姿を見てほしいと力を込める。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。