筑陽学園が連勝 西舘は復帰登板で自己最速145キロ!

◆練習試合(浦添高グラウンド)▽筑陽学園11―1浦添=7回コールド▽筑陽学園5×―4沖縄尚学  第91回センバツ高校野球大会(23日から12日間、甲子園)に出場する筑陽学園(福岡)は、浦添、沖縄尚学と練習試合を行い連勝した。
沖縄尚学戦は、西雄大投手(新3年)、菅井一輝投手(新3年)の継投で2度のセンバツVを誇る沖縄尚学打線を4点に抑えると、9回サヨナラ勝ち。江口祐司監督(56)は「尚学さんとこういう試合をできたことは、選手にとってプラス。今日を見る限り、秋に持っていた運が、残っているような気がする」と自信を見せていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。