4安打 メキシコ4番・メネセスに侍Jも脱帽「シャープなスイング いい打者」

◇侍ジャパンシリーズ メキシコ4―2日本(2019年3月9日 京セラD)  侍ジャパンを相手に4安打を放ったメキシコ代表の4番・メネセスに対し、日本のベンチからも「凄い打者」との声が相次いだ。
先発マスクをかぶった甲斐(ソフトバンク)も「シャープなスイングで、いい打者」。シーズンでも敵として戦うことになるだけに、要警戒マークを強くしている様子だった。5番手で登板した梅野(ヤクルト)も、8回に先頭打者としてメネセスに中越え二塁打を許した。
「(ベンチから)見ていても凄いバッターだと思った。先頭打者は抑えたかったけど…」 建山投手コーチも「オープン戦でも打率5割以上だったし、状態がいい」。昨季、メネセスは3Aのインターナショナルリーグで23本塁打を放ち、MVPを受賞。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。