メキシコ代表から見た侍Jと日本の野球ファン「愛がある」「感銘与えてくれた」

野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と戦い、1勝1敗で2試合の戦いを終えた。
不測の事態などを想定し、さらには将来の侍ジャパンをどう感じたのだろうか。2試合を戦い終えたメキシコ代表は、この侍ジャパンをどう感じたのだろうか。2試合を戦い終えたメキシコ代表のダン・フィロバ監督は「とてもいいチームだった。」
タレント揃いだし、アグレッシブなチーム。出塁すると、とても走塁もいい。素晴らしいチームだとリスペクトしていますし、また日本と戦えたらいいなと思いますと語り、第2戦で5盗塁を決めた日本の機動力を具体例に挙げていた。
また指揮官は2試合で5打数4安打1本塁打6打点、打率.800を記録した吉田を大絶賛。「すごくいい選手です。コンタクトもいいし、スイングもいい、技術もあるとその力を認めると、「アメリカでプレーしている選手? まだ、できないのかな?」と報道陣に逆質問。
日本でプレーしていると聞かされると「アメリカのチームが取りたいと言ってきているんじゃないかな? そういうことはあるの?」と笑い、「とても良い選手だ」と再び褒めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。