多種多様な気分転換、大谷は2度寝て対応/取材後記

右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術(トミー・ジョン手術)から復活を目指すエンゼルス大谷翔平投手(24)に対し、多くのメジャーリーガーが自らのリハビリ経験を語った。
J・C・ラミレスは手術直後、母国ニカラグアから呼んだ家族や友人と、できるだけ多くの時間を過ごした。カーティスは、チームスタッフから「君の力を信じている。」
必ずメジャーに戻って来ると声をかけられ、心の支えになった。長期間、野球ができないストレスに、各自違う形で精神状態を保ってきた。大谷は8日にキャッチボールを再開したが、今後も地道なトレーニングは続く。
それでも「同じようなリハビリをしている選手もいますし、いろいろシェアしながらできている」。ほぼ一緒に行動をともにする水原通訳や、球団広報の存在も、「2度、寝ている」という睡眠も効果的だろう。打者で復帰できることも、二刀流ならではの強み。
大谷にも大谷流の、リハビリとの向き合い方がある。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。