激しいポジション争いがチーム力に―巨人原監督が阪神戦で見せた傭兵術

巨人は10日、阪神とオープン戦(甲子園)を戦い、3-1で勝利した。
今シーズン、自分の働き場所を確立しようとする選手たちの奮闘が見られた。原監督の試合運びが選手たちを刺激し、競争意識を徹底させている。巨人の開幕ローテーションは菅野智之、山口俊、外国人のメルセデス、ヤングマンらが有力。
残りの2枠をこの日の今村、田口麗斗投手、畠世周投手らが争う。若くて力のある投手が揃っているため、誰がその座を奪ってもおかしくはない。阪神の打線が本調子ではないこともあるが、今村がアピールしたことは間違いない。
リリーフ陣も昨年までの上原、沢村、マシソンらの顔ぶれとは異なり、チャンスをもらっている若手が猛アピール。中でも高卒3年目の大江竜聖投手は無失点投球を続け、桜井はこの日の阪神戦で1失点したが、これまで実戦で点を許していなかった。2人ともそれだけ球に力があり、変化球でストライクが取れる。
何よりもボールが先行しても打者に向かっていく姿勢が好投につながっているため、ブルペンの新しい顔として今季は試合で見られそうだ。この日は宮国、中川も無失点投球をしており、アピールを続けている。
なかなかゲレーロの調子が上がってこなかった。この日は9回に代打で登場すると、左翼席へ豪快1号アーチで存在をアピール。ゲレーロだけでなく、石川慎吾もチャンスで先制二塁打を放つなどオープン戦3割8分5厘と高成績。
選手たちにいい緊張感は生まれている。他にも捕手などポジション争いしているところはあるが、1試合、選手には無駄にできない戦いが続いている。この状況を作り出すことが原監督が勝敗以上に大事にしていることなのかもしれない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。