【楽天】松井裕樹、今季実戦初登板で最終回をピシャリ 平石監督が守護神GOサイン

腰の張りで出遅れていた楽天・松井裕樹投手(23)がDeNAとのオープン戦(静岡)で今季実戦初登板した。
最後の打者は速く、変化を小さく改良した135キロのスライダーで見逃し三振を奪ってみせた。昨季はわずか5セーブに終わり、今季はクローザーの座を自らの力で奪いに行く立場に置かれている。春季キャンプ初日から快調に飛ばし、猛アピールしてきたが、2月19日に腰が悲鳴を上げた。
あせって痛みを再発させる―ということを何度か繰り返し、平石監督の「遅れてないから、別に慌てる必要はないぞ」との言葉に救われた。指揮官は「あれだけ腕が振れてたら不安はないかな。クローザー争い? アイツが最有力じゃないですか。
ここから微調整してやってくれればと事実上のGOサインを出した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。