吉田輝星は千賀級!原点の直球勝負でバットへし折る

<イースタン教育リーグ:日本ハム0-5楽天>◇12日◇鎌ケ谷 直球の質はソフトバンク千賀級だ。
楽天橋本のバットをへし折り、併殺も奪った。  ◇   ◇   ◇吉田輝は、自慢の直球で真っ向勝負を挑んだ。7回無死一塁。
先頭に四球を許し、迎えた岩見に全球直球。「直球で打たれたらしょうがないなというイメージで勝負していこうと最速の高め146キロで空振り三振。続く山下に中前安打され、迎えた岩見に全球直球。」
代打橋本に対し、厳しく内角を攻めた。「しっかり回転がかかっていて、キレのある球だから打ち取れた」。143キロの直球でバットをへし折り、二ゴロ併殺打に仕留めた。
全20球のうち18球が直球だった。プロ11年目の橋本を「質感は将来的には千賀さんに似ているのかなと思う。真っすぐで勝負していける投手の真っすぐかなと思った」とうならせた。
高校1年の初実戦でも直球攻めを演じていた。「ストレートの質には自信あったんで。スライダーは2、3球だけで、あとは全部真っすぐでした」。
夏の大会前、県外の高校との試合で2回ほどを投げ、全員から三振を奪ったことがある。その試合以降Aチームの一員として、甲子園準優勝投手へと駆け上がった。直球勝負が原点だ。
次回登板は19日、イースタン・リーグのヤクルト戦(鎌ケ谷)で2回を予定している。「先頭打者の初球空振りと、三振を取った時の高めの球は、球速以上に自分の求めているキレを感じられた。試合慣れしてきたと思う」。
初の対外試合デビューした吉田輝の初の対外試合に)「球はもっとこれから上がってくると思う。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。