巨人ゲレーロが2戦連発 鷹ドラ1甲斐野にプロの洗礼、外国人枠&外野手争いでアピール

■ソフトバンク – 巨人(オープン戦・12日・北九州)  巨人のアレックス・ゲレーロ外野手が、鷹のドラ1ルーキーに洗礼を浴びせた。
先頭の吉川大が四球を選んで出塁すると、ゲレーロが打席へ。1ボール1ストライクからの3球目、148キロの真っ直ぐが甘くなったところを捉えた。快音を響かせた打球は左翼スタンドへ。
2点のリードを奪う2試合連発の2ランとなった。熾烈な外国人枠争いの渦中にいるゲレーロ。さらに、チームの外野手定位置争いも激化している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。