阪神・藤浪、制球難を露呈 矢野監督、2軍再調整を明言

◇プロ野球・オープン戦  ○阪神5-4中日●(12日・ナゴヤドーム)  開幕ローテーション入りをかけて、オープン戦に臨んだ阪神・藤浪が、制球難を露呈した。
春季キャンプ終盤から、腕の位置を下げたスリークオーター気味の投球フォームで「良い感じに来ていた」という藤浪。左打者9人を並べた中日打線に対し、一回は連続三振、二回に二ゴロ併殺と上々の立ち上がりだったが、三回に乱れる。1死一塁からカットボールが引っかかり、亀沢の左足に死球。
2死一、三塁から味方の失策で同点とされた。四回は、けん制悪送球の直後に暴投。追加点は奪われなかったものの、大荒れの内容に藤浪は「自分自身にがっかり」とうつむいた。
思い描いている投球に近づけないまま、ペナントレースが近づいている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。