/44 第84回大会(2012年) 藤浪・大谷、初戦で剛腕対決

2012(平成24)年の第84回大会は、身長197センチの大型右腕・藤浪晋太郎投手(阪神)-後輩の森友哉捕手(西武)バッテリーを擁する大阪桐蔭がセンバツ初優勝を果たした。
大谷投手が11奪三振の一方で11与四死球と崩れて九回に降板、藤浪投手は12奪三振の一方で11与四死球と崩れて九回に降板、藤浪投手は12奪三振、2与四球で完投した。
5試合連続登板の藤浪投手は12安打を許しながら、150キロの直球に変化球を織り交ぜて最後まで投げ抜いた。大阪桐蔭の優勝は1991(平成20)年夏に続き、3回目。4カ月半後、両校は全国選手権決勝の舞台で再戦した。
高校野球史上初めての春夏決勝対決はまたも大阪桐蔭。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。