KBO16年新人王が“手汗除去”手術 地元紙「屈指の先発投手になる可能性」

韓国プロ野球のキウム・ヒーローズに所属する申在永(シン・ジョエン)投手が手汗を防ぐ手術を受け話題となっている。
韓国地元紙の中央日報は「手術を受けることで、汗をかきやすい投手に生まれたチャンス」と見出しを付け、申在永が手汗を防ぐ手術を行うまではロージンを多く使っていたが、その影響で、夏の時期になるとマメができボールを握ることが困難になっていたという。手術を受けたことをレポート。
しかし、それで汗が止まることにはならなかったと、申在永のさらなる活躍に期待を込めている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。