【MLB】「彼は本当に良い父親」―アジア人歴代1位の通算189本塁打、秋信守の家族愛

メジャーリーグのクラブハウスには、選手の家族が遊びに来ることがよくある。
秋は韓国プロ野球を経験することなく、2005年にマリナーズでメジャーデビュー。コンスタントに20本塁打を記録する長打力と2桁盗塁を記録、777四球は現役でも10位にランクインしている。
また、通算189本塁打は松井秀喜氏(175本)を上回り、アジア人歴代1位だ。レンジャーズ移籍後は成績を落としていたが、昨季は特に前半戦が絶好調で、初のオールスターにも選出された。36歳を迎える今年も、リーディングヒッターとして期待されている。
そんな秋だが、今季のスプリングトレーニングでは14歳を迎えるアラン君と9歳のエイデン君の2人の息子をクラブハウスに招き、同じ時間を過ごしているようだ。そして、単に一緒に過ごしたいという思いだけでなく、クラブハウスを通じて彼らに様々なことを学んでほしいと特集では語っている。
記事では、子供たちにお金をあげるだけでなく、父親として毎日何かを学んでほしいという秋のコメントを紹介。「子どもたちにこう教えているんだ。ここに来たら、(雑用などを行う)クラビーたちが、どれだけのことをしているのか見てほしい」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。