【MLB】ジャッジの打球音にファン驚愕「騒音」!? 逆方向へ「モンスター」弾丸2ラン

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が12日(日本時間13日)、オリオールズ戦でオープン戦4号となる2ランを放った。
無死一塁で右腕ライトの外角高めへの速球を捉えた。弾丸ライナーがライトスタンドへ着弾。実況は「ジャッジが右翼の深いところへ飛ばしました。」
「入りました、レーザーです!」と興奮気味にまくし立て、解説者はその打球の凄まじさに思わず笑ってしまっている。その打球音は、文字通り球場中に響き渡る“快音”。ファンはこの一発に衝撃を受けている。
「打球速度はどれくらい?」「このサウンド」「我々の将来のキャプテン」「レジェンド候補」「ナイス」「ビューティフル」「この打球音」「騒音」「モンスター」 コメント欄には、強烈な打球音に驚愕する声もあった。2017年は52本塁打で、本塁打王、新人王のタイトルを獲得したジャッジ。
昨季は故障の影響もあり27本塁打に終わってしまったが、今季はこの打球音を聞く限り、準備万端だと“ジャッジ”できるのではないだろうか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。