デスパイネに調整遅れなし 「コンディション良い」懸念吹き飛ばす鋭いライナー

◇プロ野球・オープン戦 ソフトバンク3-2j巨人(13日、ヤフオクドーム)  来日初打席で快音を響かせると鋭いライナーが中堅へ抜けた。
好機を広げ、グラシアル、内川の連続適時打につなげた。2月上旬にキューバ代表で中南米での公式戦に出場したが、それ以降は実戦はなし。さらに、手続きがスムーズに進まず予定より来日が遅れたが「コンディションは良い」と春季キャンプ抜きの調整にも自信を見せていた。
一昨年の本塁打、打点の2冠王は言葉通りに結果を出した。チームは投手陣に主力級の外国人が多く、四つの「外国人枠」の起用が焦点となっている。中村晃の故障で「5番・左翼」に置いた好調のグラシアルも2本の適時打。
「キューバコンビ」が打線の核となるかもしれない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。