鷹・東浜、荒れた4四球 3回途中2失点に「イメージとボールが一致していない」

■ソフトバンク – 巨人(オープン戦・13日・ヤフオクドーム)  ソフトバンクの東浜巨投手が13日、巨人とのオープン戦で先発したが、不安を残す結果となった。
この日がオープン戦2試合目の登板となったが、制球に苦しんだ。初回は無失点だったが、2回1死から陽岱鋼、ゲレーロに連続四球を与え、満塁から吉川尚に右前2点適時打を浴びて、同点に追いつかれた。続く丸には、この回3つ目となる四球。
これ以上の失点こそ免れたが、2回だけで2安打3四球を許して2点を失った。3回先頭の岡本にも四球を許して2点を失った。3回先頭の岡本にも四球を許して2点を失った。
もっと体の力をボールにしっかり伝えることができるように、トレーニングをしていきたいと球団を通じてコメントした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。