DeNA浜口が開幕ローテ及第点「もっと精度を」

<オープン戦:楽天3-3DeNA>◇13日◇静岡 DeNA浜口遥大投手(23)が、開幕ローテーションの一角として及第点の結果を残した。
序盤から制球に苦しみ94球を要したが、最速は前回を3キロ上回る144キロをマーク。「(予定の5回を)投げ切れたのは良かった。ボール自体は悪くないので、もっと精度を上げていきたいと冷静に自己分析。」
ラミレス監督も「荒れていて球数は多かったけど、スピードは最後まで落ちなかったね」とまずまずの評価だった。「左腕王国の一員として何とか踏みとどまった。侍ジャパンでも好投した今永が開幕投手を務めた石田が左肘の張りで開幕絶望。
昨季新人王の東も調整が遅れている、苦しい状況だ。1年目に10勝を挙げた浜口だが、昨季は制球難に苦しみ4勝に終わっただけに、今季にかける思いは強い。「信頼を得ていかなければいけない。」
「何をすべきか自覚を持ってやっていきたい」。開幕まで約2週間。きっちり精度を高めていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。