イチローがキャンプ最終日に即席サイン会異例の約15分、ファンからは黄色のバラ51本のプレゼントも

マリナーズとマイナー契約を結び、招待選手としてキャンプに参加しているイチロー外野手(45)がアリゾナ州ピオリアキャンプ最終日の13日(日本時間14日)、試合前練習終了後に異例の長さとなる約15分間、即席サイン会を行った。
予想外のプレゼントに、さすがのイチローも苦笑い。関係者がクラブハウスまで運んでいった。オープン戦はここまで11試合に出場して23打数2安打、打率8分7厘。
16打席連続無安打と苦しんでいるが、サインを終えると日米のファンから「サンキュー、イチロー!」、「アリガトー」などといった大きな声が飛んでいた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。