オリックス吉田正尚「出たんですか」本人驚く場外弾

<オープン戦:オリックス2-3広島>◇14日◇大阪シティ信用金庫スタジアム オリックス吉田正尚外野手(25)のオープン戦1号は、本人も驚きの場外弾だった。
「(打球は)見えなかったです。奥に消えたかなと思ったんですけど(球場の)造りが分からないので。(外に)出たんですか!?」。
手応えは十分だった。ただ、推定130メートルの飛距離には、本人も驚いた。一塁走者は「メキシコの4番」メネセスだった。
右翼の守備位置には「日本の4番候補」鈴木がいた。世界レベルの顔ぶれが球場にそろう中、9、10日の強化試合・メキシコ戦(京セラドーム大阪)で4番ですからね、ぼくはと笑ったが、東京五輪に届けとばかりのアピール弾だ。
10日の試合で、吉田正は満塁弾を放った。プロが参加した主要な国際大会では史上初となる4番のグランドスラム。西村監督から不動の4番のグランドスラム。
今年もケガなく、数字は昨年以上を目指して頑張っていきますとキャリアハイを狙う。頼もしすぎる強打者が、2020TOKYOに集う。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。