ソフトB内川、左手根骨の骨挫傷と診断

ソフトバンクは14日、内川聖一内野手(36)が福岡市内の病院で左手首の磁気共鳴画像装置(MRI)検査、レントゲン検査を受け、「左手根骨(三角骨)の骨挫傷」と診断されたことを発表した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。