国士舘選手紹介/16 石橋大心投手(2年) フォーム変更に手応え /東京

<第91回選抜高校野球>  直球にチェンジアップやスライダーなどの変化球を織り交ぜ、コーナーを丁寧についた投球が持ち味。
東京大会優勝に沸くチームの中、さえない気持ちが残った。春に向け、肘の位置を少し下げる投球フォームに変えたところ「投球が安定してきた」と手応えを感じている。中学時代は「投球より打撃に自信があった」。
高校は外野手としてレギュラー入りを狙うつもりだったが、1年の夏、投手経験を買われてマウンドに上がるようになった。自主練習では主に下半身の強化に取り組み、球威やコントロールに磨きをかけている。入学の1週間後に手首を骨折。
4カ月間も練習を離れた。それでも野球への情熱を維持できたのは「焦ることはない」と、真剣に向き合ってくれた母親のおかげだ。「センバツでも良い報告がしたい」。
甲子園のマウンドは、女手一つで育ててくれた母親への恩返しの舞台でもある。【川村咲平】=つづく……………………………………………………………………………………………………… ▽左投げ左打ち▽身長166センチ▽体重67キロ▽出身・川崎ボーイズ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。