工藤監督「OP戦で良かった」SB攻守に痛恨プレー連発

◆オープン戦 ソフトバンク3-4巨人(14日・ヤフオクドーム)  ソフトバンクは接戦の試合終盤に痛恨の場面が続出した。
本塁まで到達しており帰塁できずに併殺となり、積極走塁のチーム方針を掲げてきた工藤監督ら首脳陣もベンチで固まった。直後の8回から継投に移ると、二保の四球と高谷の捕逸などでピンチを招き、3番手・嘉弥真が連続四球で満塁。マルティネスの打球をはじいて見失う投手強襲の内野安打で先制されて降板し、代わった育成の川原も暴投で追加点を許した。
さらに小林に投前へスクイズを決められた場面では、川原が一塁へ送球する間に、二塁走者マルティネスも生還。この回一挙4失点となった。直後に松田宣が巨人の守護神候補クックから2ラン。
なお1死二、三塁で西田が右犠飛を放ったが、二塁走者の高谷が二、三塁間で挟まれた。大量失点の8回を振り返る工藤監督は「オープン戦で良かったというところじゃないですか」と切り出した。「無駄な四球は得点につながる。
そうそうないけど、場面によっては2ランスクイズもあると、頭に入ったと思うと続け「反省もあるけど、逆にこれをいい経験にしてもらえれば」と前向きに捉えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。