/46 第85回大会(2013年) 剛腕攻略、浦和学院が頂点

2013(平成25)年の第85回大会は春夏通じて初の決勝に進んだ浦和学院(埼玉)が、2度目の優勝を目指した済美(愛媛)に大勝、9回目の出場で初優勝を果たした。
甲子園でも4番・高田涼太内野手が史上2人目の3試合連続本塁打を放ち、危なげなく決勝に導いた。
立ち上がりから2年生エース同士の投げ合いが続いた決勝。試合が大きく動いたのは五回だった。
安楽投手にさらに4安打を浴びせ、一気に7点を奪った。山根外野手から始まった5連打は全て2球目以内。「好球必打で剛腕攻略に成功した。」
六回限りでマウンドを降りた安楽投手の投球数は5試合で計772球に上った。浦和学院は八回も打者一巡の攻撃で8点を追加。決勝での17得点は、第78回大会(06年)の横浜(神奈川)の21得点に次ぐ歴代2位の猛打だった。
=つづく……………………………………………………………………………………………………… ▽決勝済美  010000000=1  00007208×=17浦和学院。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。