【巨人】“尚広走塁コーチ式”2ランスクイズ マルティネス俊足発揮「先の塁狙う」

◆オープン戦 ソフトバンク3―4巨人(14日・福岡ヤフオクドーム)  迷わずに三塁を蹴った。
小林が2ボール2ストライクからの7球目を、バットを水平に構えて投手前へ転がす。マルティネスは二塁から一挙生還し、2ランスクイズにして見せた。完璧な状況判断ができていた。
スクイズのサインでスタートを切る。左腕・川原が捕球した際にはすでに、三塁目前まで来ており、さらに一塁へ投げる際に、三塁側へ背を向けることも頭に入っていた。「しっかり、動きを見ていました。」
投手が捕った時点で間に合うなと思ってホームを狙おうと思っていた」。一塁カバーに入っていた元木内野守備兼打撃コーチは、投手から一塁へと渡った送球の動きを指さして指示していたが「スピードに乗っていたし、本人が行く気だったからね。
判断が良かったと褒めた。今季、目指す形の一つだ。昨季のチーム盗塁数は中日と並んでリーグ最少の61。
トップの広島とは34もの差が開いた。鈴木尚広外野守備走塁コーチは1月中から「足の速い、遅いにかかわらず、そういう共通認識をもって、数字に表れないところも高めていきたい」と次の塁を奪う意識で補う重要性を説いていた。キャンプではリードの意識を持つ、スピードの落ちにくいスライディングなど、強調し続けてきた成果が表れてきた。
光を放った足攻劇の一方で、原監督は影も見逃さなかった。「一つ、焦らせているという点で、我々にもどこか反省するところがあるかもしれないと指摘した場面がある。8回、岡本が四球を選ぶ。」
代走・吉川大が盗塁と捕逸で三塁まで進む。だが、続くビヤヌエバの野手正面への三ゴロで、本塁に突入し、憤死した。無死三塁というシチュエーションで「高いバウンドのゴロは行こうね、という指示だが、ああいうゴロであっても行ってしまった。」
その辺は反省の必要はあると指揮官。次の塁への意識、という言葉に全てを委ねることなく、冷静な状況判断が土台にあって初めて、好走塁は生まれる。この時期はまだ、反省もまた収穫。
多くを手にした1イニングとなった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。