オリ・吉田正「毎年高いところで勝負できる選手になりたい」

9日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『侍ジャパンプレーヤー』というコーナーに、オリックスの吉田正尚が出演した。
また、今季は「(数字の)目標はなくて、打撃部門全てでタイトル争い。三冠だけでなく、出塁率、安打数を含めて高く持ってやっていきたいと意気込んだ。2年目までは故障に泣かされていたが、プロ3年目の昨季、打率.321、26本塁打、86打点の成績を残し、球界を代表するスラッガーに成長。」
オープン戦はここまで、打率.600、1本塁打、4打点とシーズンに向けて順調に調整を進めている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。