履正社は1回戦で奥川擁する星稜とのV候補対決 岡田監督「バットに当たるかな」

第91回センバツ高校野球大会(23日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内で行われ、昨秋の近畿大会4強の履正社(大阪)は、明治神宮大会準優勝の星稜(石川)と第1日第3試合で対戦することが決まった。
できあがっている投手で投球術もある。神宮(大会)の広陵戦を見たんですけど、あの段階では高校生ではなかなか打てないという感じだった。マシンとかで目慣らしするしかないと、攻略法を思い描いた。
主将の野口海音(みのん)捕手(3年)は「一番有名な投手。打撃が課題で冬はやってきた。対応力をつけてきたので、甲子園で見せられたら」と、静かに闘志を燃やした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。