春日部共栄’19センバツ 選手紹介/4 小森結投手/菊地翔投手/上原雅也捕手 /埼玉

<第91回選抜高校野球>  ◇カットボールを磨く 小森結投手(2年)  絶対的なエース・村田賢一投手(2年)に「少しでも近づきたい」と懸命に背中を追い掛けてきた。
「決勝の舞台でどうしても投げたかった」と、今でも唇をかみ締める。野手に声を掛け、良い雰囲気で守備ができるように常に心掛けている。「リズムを意識して、打たせて取ることが大事と考え、カットボールに磨きを掛ける。
「甲子園のマウンドに立つ姿を両親に見せたい」。その思いを胸に投げ続ける。 ◇ 身長171センチ、体重76キロ。
右投げ左打ち。春日部共栄中(春日部市)出身。◇投手陣で唯一の左腕 菊地翔投手(1年) 祖父の勧めで小1から少年野球を始めた。
メンバー入りした投手で唯一の左腕。中学時代に春日部共栄の指導陣から「絶対にうちに来てほしい」と見初められ、進学を決めた。公式戦の登板機会は多くはないが、昨秋の関東大会決勝の桐蔭学園(神奈川)戦では最終回にマウンドに立った。
「観客がたくさんいる中で投げるという経験がなく、腕が振れなかった」と反省しながらも無得点に抑え、地力を感じさせた。平尾柊翔(しゅうと)選手(1年)とは中学時代の選抜チームでもプレーし、互いの家を行き来するほど仲が良く「彼がいるから今も頑張れる」。信頼できる友とともに、甲子園のマウンドで快投を見せる。
 ◇ 身長175センチ、体重64キロ。左投げ左打ち。鳩ケ谷中(川口市)出身。
◇選手を鼓舞する伝令 上原雅也捕手(2年) 中学時代から腰などのけがに悩まされ、高校に入ってからは肘も痛めた。「けがさえなければと悔やむこともあったが、故障とは無縁の正捕手の石崎聖太郎主将(2年) 中学時代から腰などのけがに悩まされ、高校に入ってからは肘も痛めた。」
「ピンチの場面ではできるだけリラックスするように意識する。冗談で選手たちを楽にさせたい」と意図を明かす。特技は書道。
家族の影響で小3から始め、県展で入賞する実力を持つ。書道で養われたのは時間を忘れるほどの集中力。甲子園でも持ち前の集中力。
 ◇ 身長173センチ、体重70キロ。右投げ右打ち。青木中(川口市)出身。
=随時掲載。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。